株価分析

【株価分析】ドラッグストア「ウエルシア」を分析

ドラッグストア大手の「ウエルシア」
薬や化粧品、食品などなんでも買えるし、Tポイントも貯まるので、よく利用します。

今回はそんなよく利用する身近な企業「ウエルシア」について分析してみます。

ウエルシアの特徴

  • 「ウエルシア薬局」を中心に国内2,005店舗、海外7店舗展開。
  • イオンの連結子会社。
  • 同業種をM&Aし、規模を拡大している。
  • 調剤薬局併設に強み(7割以上の店舗で調剤薬局併設)。

ウエルシアの株価

  • 株価       7,710円 
  • PER(予)      35.0
  • PBR(実績)    4.98
  • 配当利回り(予)  0.70%

2020年5月1日時点

PER、PBRからやや割高感がある印象です。

配当利回りは、1%を下回っているのでそこまで高くはないですね。

収益性

  • ROA      6.36%
  • ROE     14.97%
  • 営業利益率  4.4%

他企業との比較

売上高はツルハHDに次ぐ2位。
PER、PBRから他企業と比べてもやや割高感があります。

全体的に比較するとマツキヨの方がパフォーマンスが良さそうです。

安全性

自己資本率 41.5%

50%あればまず安全といえますが、40%を超えているので問題はなさそうです。

本決算まとめ

4/8に2020年度2月期の本決算が発表されています。

  • 売上高  8,683億円(111.4%)
  • 営業利益  378億円(130.1%)

調剤が牽引し、好調に推移
コロナウイルスの影響でマスク、消毒等関連商材、巣ごもり策として食品が大幅伸⾧

➡︎大幅な増収増益を達成しています。

2020年2月期業績予想

  • 売上高 :107.7 %
  • 営業利益:102.6 %

    引き続き、増収・増益の予想です。
    毎期120店舗前後の新規出店、調剤併設店舗を増やしていく計画とのこと。

mei

コロナの影響で需要が高まっているのがわかります

チャート

  • 1年チャート
  • 10年チャート

比較的キレイな右肩上がりのチャートです。

配当

参照:https://kabuyoho.jp/reportDps?bcode=314

2021年2月期も増配予定。配当利回りは0.7%なので、そこまで高くないですね。

2020年度2月期の配当性向は22.9%なので、まだ余力はありそうです。

株主優待

お買い物券orカタログギフトorTポイントがもらえる!

参照:http://www.welcia.co.jp/ja/ir/stock/benefit.html

mei

自分の好きなものを選べるのは嬉しい〜!

まとめ

  • 業績    好調
  • 安全性   普通
  • 割高感   やや割高
  • 配当利回り 低め

コロナの影響で好調のドラッグストア業界。

マツキヨもパフォーマンスが良さそうなので、5/13に発表されるマツキヨの決算も見て判断するのが良さそうです。