Crypto

webディレクター目線で考えるweb3.0と今後のショッピング体験

こんにちは。webディレクターのmeiです。

最近では、web3.0、メタバース、ブロックチェーン、NFTなどが新しい技術が話題になっています。

なんだか時代の過渡期にいるような気もします。

そこで今回は、ECサイトのwebディレクター目線でweb3.0や今後のショッピング体験について考えてみようと思います。

web1.0〜web3.0とは?

最近よく聞くweb3.0ですが、
web1.0〜web3.0までを超ざっくりまとめます。
(web1.0〜web3.0の定義や年代は明確なものはないので参考程度にご覧ください)

web1.0(1995年ごろ〜

  • インターネットが普及
  • 容量が軽いテキスト中心のサイトが主流
  • ユーザーはホームページを閲覧するのみの「一方向の時代」

もちろんSNSなどまだない時代。ユーザー側がなにか情報を発信するということは基本的になく、コンテンツを閲覧するのみという使い方が主流でした。

web2.0(2005年ごろ〜現在)

  • スマホの登場
  • Twitter、Instagram、Facebook、youtubeが普及
  • ユーザーがコンテンツを作る、つながる時代
  • 参加型、双方向のやりとりが行われる

ホームページを閲覧するのみの時代から、誰もが簡単に情報を発信することができる時代へと変化。便利になった一方で、web2.0ではさまざまな課題も指摘されています。

web2.0の課題

  • プライバシー・個人情報
    企業が個人情報を取得し、ビックデータとして様々なところで利用されている
  • セキュリティ
    中央集権型のため、一部に問題が発生すると大量の個人情報が流出するおそれがある
  • 巨大企業が独占
    一部の巨大企業(GAFAなど)が大きな影響力を持ち、プラットフォームの囲い込みが起きる

web3.0(2018年ごろ〜今後)

web2.0の課題を解決できるのがweb3.0と言われています。
ブロックチェーンの登場による分散型の新たなwebの世界がweb3.0。

  • 中央管理者がいないので、管理者の独裁がなくなる
  • 仲介者がいなくなりマージンが取られないようになる
  • 個人間の送金が簡単になる
  • ブロックチェーンにより情報の改ざんが難しくなる。セキュリティが向上する
  • ユーザー自身がデータを所有
  • 中央管理者がいないので基本的に全て自己責任


web3.0時代のECサイト決済

ECサイトを制作していてよく問題になるのが決済について。
手数料の問題もありますし、トラブルも多いです。

カード決済、コンビニ決済、QR決済など色々とありますが、今後は仮想通貨の決済も増えてくるのではないかなと思います。(まだ時間はかかると思いますが…)

仮想通貨の場合、世界共通の通貨で決済できるので、海外に商品を売りたい場合はよりメリットが大きいかもしれません。

仮想通貨決済の事例

仮想通貨で決済できるECサイトはまだ少ないですが、ビックカメラではビットコインで支払いができます。

ECプラットフォーム「shopify」でもいくつか仮想通貨に対応している決済サービスがありますが、まだ日本ではほとんど普及していないですね。

仮想通貨の場合、手数料は通常のカード支払いよりも安く済むことが多いです。

ウォレットとの接続

ECサイトにメタマスクなどのウォレットを接続し、仮想通貨で決済するという方法も考えられます。
これだと決済会社などを経由しない完全にP2Pの送金になりますね。

いずれそんなサイト作りたいなぁ〜と思っていたらすでにメタマスクに接続できるサイトがありました…!すごいっ!

そしてCAKEトークン(仮想通貨)で実際のケーキを購入するというなんとも面白いアイディア。

応援の意味も込めてクリスマスケーキ購入しました。

mei

初めて仮想通貨で電子データ以外のリアル商品を購入できて大興奮!

メタバース上でのショッピング体験

リアル店舗とECサイト、SNSの連携をどのように行うか、以前から課題になっていますが、
今後はこれに「メタバース」や「NFT」も加わるのではないかと思います。

リアル店舗 × ECサイト × SNS × メタバース ×NFT

単一的な視点ではなく、さまざまなプラットフォームを連携させてどのように売上を作っていくか考える必要がありそうです。

mei

考えることがたくさん…

メタバース上でのショピング体験はすでに始まっていますよね。
今回は2つご紹介したいと思います。

バーチャルマーケット

メタバース上で開催される世界最大のイベントがバーチャルマーケット

アバターや3Dアイテム、リアル商品などが売り買いできます。
2021年12月の開催で7回目。世界中から100万人が来場すると言われています。

「VR Chat」を利用するのですが、こちらはWindowsPCのみでMacは非対象…

ブラウザからは一部機能のみ利用できます。

BEAMSやマルイ、松坂屋、テレビ朝日、ローソンなど
色んな業種が参加していて面白いです。もちろん一般(個人)の出展者も。

BEAMSではスタッフさんがアバターで接客も行っていました。

mei

こちらはVR版のみで、VR機器持っていないので、体験できませんでした…残念…

実店舗で買い物するとき、正直あまり話しかけられたくないのですが、アバターであれば気軽に話せそう。

ECだと「ちょっと質問したい」という時に、メールやチャットで問い合わせる必要があるので時間がかかってしまいますし、売り逃がしも多いです。

これだと接客をカバーしつつ、店舗側も家などどこからでも接客できるメリットがありますよね。

また、メタバース上でガチャガチャを回して、それをSNSに投稿する抽選キャンペーンも実施されていました。

メタバースとSNSを絡めた企画も重要になってきそうです。

REVWORLDS

三越伊勢丹のスマホアプリ「REV WORLDS

新宿伊勢丹がリアルに表現されていて、こちらも面白いです。

メタバース上の伊勢丹に商品が並べられており、タップするとInstagramやECサイトに遷移し、商品が購入できる動線になっています。

クリスマスシーズンは、メタバース上もクリスマスの装飾がされていたり、イベントや期間限定のショップがオープンしたりと、
まさに実際の伊勢丹が行なっているようなことが再現されているなと思います。

マーケティングについては、広告体験の設計など博報堂と共同で検証しているようです。

新宿アルタ前にはVictorの動画広告が出ていますが、このコンバージョン率はどのくらいなのか…気になります。

NFT

グッチやルイヴィトン、アディダスなどのブランドもNFTに参入しており、この流れはもっと進みそう。

NFTとショッピング体験をうまく絡められると良いですよね。

たとえば

  • 商品を購入したら限定のNTFがおまけでもらえる
  • NTFを購入すると現物と引き換えられる
  • 特定のNTFを持っているとコミュニティに参加できる

などなど。色んな可能性がありそうです。

さいごに


以上、ECサイトのwebディレクター目線でweb3.0や今後のショッピング体験について考えてみました!

ブロックチェーンの技術により色んなものが変化していきそうですね。
どんな風に変わっていくのか楽しみです。