株価分析

【株価分析】株価急騰の「レーザーテック」を分析

1年間で約5,000円も株価が急上昇している「レーザーテック」

さらなる伸長が期待できそうなので、今回は「レーザーテック」について分析してみます。

レーザーテックの特徴

基本情報

  • 創業    昭和35年
  • 本社    新横浜
  • 資本金   9億3,100万円
  • 従業員   375人
  • 現地法人  アメリカ・台湾・韓国・中国・シンガポール

事業内容

  1. 半導体関連の検査機器
  2. エネルギー環境関連の検査装置
  3. 顕微鏡
  4. フラットパネルディスプレイ関連の検査装置


①の半導体関連事業の売上が約9割を占めてします。


そして、なんと言ってもこの4つの分野でマーケットシェア世界100%の製品を持っている所が強みです!

これはすごいですね!!

ニッチな分野でシェア100%を狙っていくという戦略です。


海外の売上比率が80%以上を占めているということも特徴!

事業内容

スマホやPC、エアコン、TV、電車、電子マネーなどさまざまな分野で半導体デバイスが使用されています。

半導体は機器の中にあるので、実際目にすることは少ないですが、機器制御や演算処理などを行う需要な部品です。
その装置の検査をする機械をレーザーテックが作っているのです。

この機械では、1μmよりも小さな欠陥を見つけることができるようです。
1μm=1mmの1/1000です。

とにかく小さな欠陥も見逃さないってことですね。

最先端の光応用技術で検査しています。


今後はIoT、AI、自動運転などにも用いられるため、さらに半導体の需要は伸びそうです。

業績

参照:https://kabuyoho.jp/report?bcode=6920

売上・営業利益共に右肩上がり。
特に営業利益は急速に伸びています。

売上は400億円なので、まだまだ伸びそうです。

レーザーテックの株価

  • 株価       7,130円 
  • PER(予)      64.3
  • PBR(実績)  18.61倍
  • 配当利回り(予)  0.55%

2020年5月1日時点

PER、PBRから割高感はあります。それだけ期待値が高く人気の株とも言えます。

配当利回りは、1%を下回っているので高くはないですね。

収益性

  • ROA      13.46%
  • ROE      20.42%
  • 営業利益率   27.6%

全て高い数値です。収益性は高いと言えそうです。

安全性

自己資本率 62.1%

50%あればまず安全なので、全く問題なさそうです。

3Q決算まとめ

4/28に発表された3Qの決算をまとめます。

6月決算なので、3Q(2019年7月~2020年3月)決算です。

  • 売上高   256億円(119.2%)
  • 営業利益  89億円(154.4%)
  • 営業利益率  34.6% 

半導体業界は、リモートワーク、eコマースやゲーミングの増加に対応したデータセンター向けの需要が拡大
メモリーメーカーの設備投資が回復

➡︎これにより検査機器も需要が高まっている

2020年6月期通期 予想

  • 売上高 :400億円(139%)
  • 営業利益:140億円(176.3%)
  • 配当  :16円増配予定
mei

6月の本決算もかなり伸長する予想です。
この伸長率はすごいですね〜!

チャート

  • 1年チャート

1年で5,000円程度上昇!

mei

この上昇率はすごいです・・!

  • 10年チャート

この1年で急上昇しているのはわかります!

配当

参照:https://kabuyoho.jp/reportDps?bcode=6920

2020年6月期は16円の増配予定。配当利回りは0.55%なので、そこまで高くないですね。

2019年6月期の配当性向は35.7%です。
配当性向35%を目安に利益還元していくとのこと。

株主優待

なし

まとめ

  • 業績    好調
  • 安全性   安全
  • 割高感   割高
  • 配当利回り 低め


マーケットシェア世界100%の製品があるということ、
また、IoTやAIの進歩に伴い、半導体は今後もますます需要が高まることが予想されるので、現在割高ではありますが、とても魅力的な銘柄だと思います!

ネオモバで少しずつ買いたいと思いますー!