株価分析

営業利益率50%超えのキーエンスを分析

こんにちは。

今回は、営業利益率50%を誇り、平均年収全国2位(2,111万円)のキーエンスを分析してみたいと思います。

キーエンスの特徴

  • ファクトリーオートメーション(工場の生産工程を自動化するシステム)の総合メーカー
  • センサ、測定器、画像処理機器などを生産。
  • 新商品の約7割が世界初、業界初。
  • 自社工場をを持たずに、生産は協力会社に委託。企画や開発、生産管理に注力。
  • 代理店を介さない直販体制が強み。
  • 46ヵ国220拠点で事業を展開。
  • 約25万社と取り引き実績有。

mei

工場を持たなければ、設備投資がかからないですね。
そして、自動化が進む中、今後も需要がありそうな事業です。

キーエンスの株価

  • 株価        44,620円
  • PER(予)      ー
  • PBR(実績)   6.16倍
  • 配当利回り(予)  0.45%

2020年6月19日時点

2019年10月に一度株式分割をしています。
現在だと普通に購入する場合は、450万円くらい必要です。

収益性

  • ROA      11.26%   
  • ROE        11.84% 
  • 営業利益率 50.31%

mei

営業利益率50%超え・・・!!ものすごい数字です。

ちなみに製造業の平均は4%!!

安全性

自己資本比率:95.8%

mei

ほぼ借入金がないということですね・・!

90%を超えている会社は中々ないのでスゴイです。安全性は全く問題ないですね。

2019年度決算まとめ(減収減益)

  • 売上高:5,518億円(-6.0%)
  • 当期純利益:1,981億円(-12.4 %)
  • 配当:150円(50円増配)

概況
・AI搭載画像判別センサー・3Dスキャナ型三次元測定器の新商品を開発。
・国内では、海外の経済の減速によって生産・輸出が減少し-5.4%。
・海外では、米中通商問題、コロナの影響により-6.5%。

今後の見通し
・2020年度の見通しは非開示。
・ただし配当は200円の予想(50円増配)

チャート

  • 1年チャート

コロナショックからV字回復しているのがわかります。

  • 10年チャート

右肩上がりで伸びています。

配当

2020年3月期の配当性向は18.4%。

2021年3月期の予想配当利回りは0.45%です。

mei

利回りは高くないので、配当はあまり期待できないですね。

株主優待

なし

まとめ

  • 業績    2019年度は減収減益
  • 安全性   安全
  • 割高感   やや割高
  • 収益性   かなり高い
  • 配当利回り 低め

2019年度はコロナや米中貿易摩擦の影響で減収減益でしたが、
株価は順調に上がっており、実力もとても高いと思います!

株価は450万円程度と結構高いので、ネオモバで少しずつ購入していこうと思います。