株価分析

【株価分析】安定の高配当銘柄「KDDI」

こんにちは。
「au」や「UQ mobile」を展開するKDDI。

今回は高配当銘柄で人気の「KDDI」を分析してみたいと思います。

KDDIの特徴

  • モバイルの契約数はdocomoに次ぐ2位
  • 2019年12月からローソンと提携し「Ponta」ポイントとのポイント統合を開始
  • 連結子会社UQコミュニケーションズのモバイル事業「UQ mobile」を統合
  • 通信事業に加え、エネルギーサービス「auでんき」や決済サービス「au PAY」、物販サービス「au PAY マーケット」などを展開

KDDIの株価

  • 株価      3,227円
  • PER(予)    11.6倍
  • PBR(実績)   1.69倍
  • 配当利回り(予) 3.72%

2020年5月19日時点

割高というかんじではなさそうです。

収益性

  • ROA      7.57%   
  • ROE      14.93% 
  • 営業利益率  19.58%

全て高い数値。収益性は高いと言えます。

安全性

自己資本比率:45.8%

40%超えているので、問題はなさそうです。

2019年度決算まとめ(増収増益)

  • 売上高   :5兆2,372億円(103.1%)
  • 営業利益  :1兆103億円(101.1%)
  • 当期純利益:6,398億円(103.6%)
  • 配当   :115円(10円増配)

概況
端末販売収入は減少
エネルギー事業やauじぶん銀行の連結子会社化による金融事業等、ライフデザイン領域の拡大による収入の増加等に増収増益

8期連続で過去最高益を達成。

mei

コロナの影響で前年を下回る企業が多い中で、過去最高益はすごいですね。

今後の見通し(2021年3月期)

  • 売上高   :5兆2,500億円(100.2%)
  • 営業利益  :1兆300億円(100.5%)
  • 当期純利益 :6,400億円(100.0%)
  • 配当    :120円(5円増配予想)

2020年度も前年を若干上回る予想。

(参考)docomo2019年度決算(減収減益)

  • 売上高  :4兆6,513億円(96.1%)
  • 営業利益 :8,547億円(84.3%)
  • 当期純利益:5,915億円(89.1%)
  • 配当   :120円(10円増配)


2021年3月期の業績見通しは非開示。ただし配当は、前年同様の120円の予想。

(参考)softbank2019年度決算(増収増益)

  • 売上高  :4兆8,612億円(129.8%)
  • 営業利益 :9,117億円(126.7%)
  • 当期純利益:4,731億円(109.8%)
  • 配当   :85円(47.5円増配)

ZOZO連結の影響や、コンシューマ向けのモバイルやブロードバンドなどが好調。
2021年度3月期も前年を上回る予想。

mei

投資会社のsoftbankグループの方は、大幅な赤字でしたが、softbankは好調のようです。

今後の見通し(2021年3月期)

  • 売上高  :4兆9,000億円(100.8%)
  • 営業利益 :9,200億円(100.9%)
  • 当期純利益:4,850億円(102.5%)
  • 配当   :86円(1円増配予想)

チャート

  • 1年チャート

コロナショックの後にV字回復しているのがわかります。

  • 10年チャート

配当

参照:https://kabuyoho.jp/reportDps?bcode=9433

2020年3月期の配当性向は41.7%です。
2021年3月期は5円の増配、配当利回りは3.7%の予想。

mei

毎年増配しています。配当利回りは3.7%は高い利回りですね。

株主優待

KDDIの通販サイト「Wowma!」のグルメ品カタログギフトがもらえる。

保有年数や保有株式によって金額が異なります。(保有株式は3/31時点が基準 )

参照:https://www.kddi.com/corporate/ir/individual/stockholder/?bid=co-ir-ival-yutai

まとめ

業績    堅調
安全性   問題なし
割高感   割高ではない
配当利回り 高め

安定した高配当銘柄かと思うので、ネオモバで少しずつ購入していきたいです。