Book Review

【書評】 「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門」株初心者におすすめ!

こんにちは。
資産運用を本格的に考え始めたmei(@mei_1123ak)です。

今回は、株の本を読んでいて分かりやすかった「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門」をご紹介します。

この本は、ダイヤモンド社の投資情報誌「ZAi」が作った超初心者向けの株の入門書


株ってなに?ということから株の選び方、株の売り買いのタイミング、儲けるための知識などの基礎が1冊で網羅されている本です。

イラストや図がたくさん用いられていて、わかりやすいので初心者におすすめです。

mei

チャートの見方や売り時、買い時がいまいちよく分からなかったのですが、これを読んでだいぶ理解できました〜!

\この本はこんな人にオススメ/

  • 株をこれから始めたい
  • 株の基礎が知りたい
  • 株の選び方・買い方が知りたい
  • 本を読んで勉強したいけど、どの本を選んだらいいのか分からない

特に参考になったポイントをご紹介していきます。

いい会社、いい株をどう選んだら良い?

今後も利益が伸びるかを考えるための4つのポイント

  1. 商品・サービスは魅力的か?
  2. まだまだグングン伸びそう?
  3. 競争が過熱していないか?
  4. 会社の規模は大きすぎないか?


株を選ぶ際、配当利回りや株主優待だけでなく、今後も利益を出して、成長していく会社か見極めることが大切ですね。

危ない会社を避ける方法

会社を大きくするためには、借金も必要なため、借金をすることが悪いことではないですが、危ない会社を避けるためには、借金が多すぎないか・・
ということを確認する必要があります。

そこで、自己資本比率をcheck!

  • 自己資本比率50%以上➡︎まず安全
  • 自己資本比率20%以下➡︎要注意!

ただし、借金が多くて当たり前の業種もあるので、同業他社と比べてどうか?を考えることも大切

PERを使って株を選ぶ

株の割安度を測るモノサシがPER。

PER = 株価 ÷ 1株あたりの利益

PERの標準はおおむね15倍

  • 収益力の安定したいい会社なのに、PERが低すぎる株(例えばPERが1ケタ)は狙い目
  • PERが低くなくても(例えば、15〜20倍と多少高くても)1株利益が大きく伸びる可能性があるものを選ぶ


成長株のPERは成長率の1倍が標準

成長率が30%ならPER30倍、成長率40%ならPER40倍・・・のように、 
成長率=PERが標準レベル

 成長率よりも、PERが低い水準のときに買うのがポイント

mei

年間20%成長しそうだなと思ったら、PER20倍以下のときに買うのがいいということですね。

チャートの見方 

mei

チャートの見方がいまいちよくわからなかったのですが、図で分かりやすく説明されているので理解することができました〜!

株を買うタイミング

まず、現在の株価が「上昇」「横ばい」「下降」のうち、どのトレンドかをcheck!

13週移動平均線、26週移動平均線、2本とも上向いて入れば上昇トレンド
下向いて入れば下降トレンド。

株価(ローソク足)が移動平均線を割り込んだり、上回ったりした時は、トレンドが変化する可能性があるので注意!

株価が上下しながらも、全体としては上昇している時に買う

株を売るタイミング

  • 移動曲線から株価(ローソク足)が離れすぎは加熱のサイン
    ➡︎このあと下がる可能性が高いので、売り!

  • 急激に上昇して、急落した場合は株価が天井をつけたサイン
    ➡︎このあと下がる可能性が高いので、売り!

  • 2本の移動平均曲線を割り込んで下落したとき
    ➡︎これらも売りのサイン!

金融政策で株価はどう動く?

  • 金融緩和 
    お金の量を増やして、買い物や投資を促す政策 ➡︎株価は上がりやすい
  • 金融引締
    お金の量を減らして行き過ぎた買い物や投資を抑える政策 ➡︎株価は上がりにくい

成功者の絶対条件

ダメなら潔く損切りする!

これがなかなかできない・・・
もう少し待ったら上がるんじゃないか・・と思ってしまいます。


有望だと思った株は思い切って買い、ダメだと判断した株は損をしてでもスパッと売る! これが成功者の絶対条件ということです。

さいごに

この記事を書いている2020年4月は、コロナウイルスの影響で、株価が大きく変動していますが、株の基本を学ぼうと思い読んでみました。

とても分かりやすく書かれているので、株初心者の方にはおすすめですー!